園からのお知らせ

2020.08.06

頑張っている皆さんに感謝…

先日『コロナ差別』についてお手紙を書きました。

すると…
翌日、ひとりのお母さんが事務所を訪ねて来られて、
『お手紙を読みながら涙が出ました。
とても嬉しかったです。』…と、言ってくださいました。
不安な毎日の中で、感染したらどうしよう…というプレッシャーに、押しつぶされそうになりながら暮らしていらっしゃったんだな~と感じました。 

お手紙にも書きましたが、悪いのはウイルスであって、感染した人間ではありません。
みんな、本当に用心しています。
でも…咳がコホンと出ただけで、周りの目が気になってしまいます。
普通の風邪だとしても、とても後ろめたい気持ちになります。
特に、小さなお子様をお持ちの方は不安で仕方がないと思います。

このところ感染者が増加し、いつ 誰が 感染してもおかしくない所まで来ています。
だからこそ、『もし、感染したら…』と思い詰めずに、いま自分の周りにある幸せに目を向けましょう。

不安な気持ちは、人の心を曇らせます。
そして、モヤモヤした気持ちでいると、その不安から周りの人を攻撃してしまう事もあります。
そうなってしまわないように、出来るだけ楽しい事を考えてすごせたら…
少し気持ちが軽くなるのでは…。

たとえば…
今日のごはんは美味しかった。
子どもが眠りながら笑っている。
空の色がきれいだった。
園の駐車場のヒマワリが咲いている。
…そんな、何気ない日常の中に 幸せのネタは沢山あります。 

目の前の子ども達が笑顔で過ごせている事が、何より幸せな事です。
そんな子ども達に囲まれて仕事が出来ている事に、感謝です。 

週末からお盆にかけて、ご家族で過ごす時間が増えて来ると思います。
どうぞ、幸せな時間をお過ごしください。

 文責:菊池

ページの先頭へ